Your Career? Yours to decide.
お問合せ
お申込み
News 会社案内 個人情報の取扱 サイトマップ
HOME > 語学留学 > 国別案内


■ アイルランド、留学費用の例
 下の費用はダブリンにあるランゲージセンター・オブ・アイルランドの4週間と24週間の留学費用の例です。このページではこの例を元にアイルランドの留学費用を検討する上での材料を提供します。
学 校 名ランゲージセンター・オブ・アイルランド
コース名インテンシブ(週26レッスン)
滞在方法ホームステイ(朝夕2食・個室)

期 間4週間24週間
留学費用合計通貨:ユーロ€ 1,608€ 8,848
費用明細入学申請料€ 50€ 50
滞在先手配費€ 50€ 50
授業料€ 880€ 5,280
ホームステイ費€ 568€ 3,408
空港出迎え費€ 60€ 60

●4週間の例では1,608ユーロが留学費用合計で、費用明細の項目で案内されている個別の金額が内訳です。同様に24週間では8,848ユーロが留学費用合計で下が内訳となります
●上の例のように滞在先手配費は始めからホームステイ費に含まれている場合と、ホームステイ費と別に支払う場合とがあります
●現地到着時の空港出迎え費は、希望されない場合は減額できます

■ アイルランドの授業料
 ランゲージセンター・オブ・アイルランドの授業料は上の表でおわかりのように、4週間1,006ユーロ(15万円)、24週間では5,880ユーロ(88万円)になります。4週間の場合、1週間あたりの授業料は、およそ251ユーロ、24週間では、1週間あたり245ユーロになります。ある程度の割引が適用されていることが分かります。

■ アイルランドのホームステイ費用
 下の表は2004年度、アイルランド各地のホームステイ費用一覧です。アイルランドのホームステイ費用の相場は1ヶ月あたりの560〜620ユーロ(8〜9.3万円)、手配先手数料は50ユーロ前後です。半年ではおよそ3,545ユーロ(53万)程度で、1年では7,025ユーロ(105万)程度となります。
アイルランドの場合、一般的にホームステイ費用は都市によって大きく変わることはあまりないようです。しかし、7,8月やクリスマスなどのシーズンには、どこの都市でも他のシーズンに比べて週20〜40ユーロほど割高になっています。下の表はアイルランドの都市ごとの、通常期のホームステイ費用で、すべてユーロ建てです。
都市平均最低最高
ダブリン145140155
コーク148145150
ゴールウェイ148147148
リムリック135135135

■ アイルランドのホームステイまとめ
 基本的にはイギリスと同じようにホームステイは、下宿と考えられています。アイルランドの人は総じてもてなし上手であるといわれているようです
4週間の費用は学校により27泊または28泊の場合の費用です
日曜日チェックイン・土曜日チェックアウトの学校もあれば、土曜日チェックイン・土曜日チェックアウトの学校のもあります
ほとんどの学校で、食事条件は朝夕2食付きになっています

■ ホームステイ以外の滞在方法として選べるもの
 選択肢と選択できる都市は限られていますが、アパートや大学寮などを選ぶことができます。ホテルやB&Bはほとんどの都市で選べます。
下のアパートの費用はランゲージセンター・オブ・アイルランドの2004年度のもので、この学校が所有するアパートです。アパートは2LDKや3LDKで、寝室を個室利用した場合の費用です。居間と台所、バスルームは共同利用です。市の中心部に近く買い物の便も良いため、自炊されている方もいます。レストランの数も多いので外食が多い方もいらっしゃるようです。
大学寮はユニバーシティカレッジダブリンの場合のものです。利用できるのは夏期のみです。部屋はアパート同様、3LDKのようになっていて、居間やキッチンを共同利用できます。この大学寮は市の中心部からバスで20分ほどのところで、利便性は高くありません。都心部にあるトリニティ大学の寮は1週間あたり378ユーロで、郊外の寮よりも高くなっています。ホテルはクラスにより1泊60ユーロ程度から選ぶことができます。
滞在方法1週間食事条件部屋条件手配時期
家具付きアパート175無し個室年間
大学寮175無し個室夏期のみ

●上の費用はすべて個室滞在で計算したものです
●すべて1週間の費用で、ユーロで表示してあります
●ここでご案内する費用は2004年度のもので、年度により変わります
●同じ年度内であっても費用は予告無しに変更になることがあります
●滞在方法により滞在できる期間やチェックインの曜日に制限があります
●ホームステイ以外の滞在方法は総じて数に限りがあるため、満室の場合は他の滞在方法をお選びいただく、条件付きの受付となります

■ アイルランドのビザ
 日本人の場合、アイルランドへの渡航にはビザは必要ありません。ただし、滞在が3ヶ月以上になる場合には、現地で届け出が必要になります。長期、短期に関わらず働くことができるのがアイルランドの特色でもあります。

■ アイルランドの祝祭日
 どこの学校もアイルランドの祝祭日は休校です。通常マンツーマンのプライベートレッスンだけは振り替え授業が用意されますが、一般英語コースや試験準備コースなど、グループレッスンのコースでは振り替え授業はありません。なお、学校によっては下の表以外にも、創立記念日などで休校日がある学校もあります。月曜日開始のコースで月曜日が祝祭日の場合は、火曜日からの開始となります。
祝祭日2006年2007年
ニュー・イヤーズ・デー1月1日1月1日
セント・パトリック・デー3月17日3月17日
グッド・フライデー4月14日4月6日
イースター4月16日4月8日
イースター・マンデー4月17日4月9日
バンク・ホリデー5月1日5月7日
バンク・ホリデー6月5日6月4日
サマー・バンク・ホリデー8月7日8月6日
ハロウィン10月30日10月29日
クリスマス・デー12月25日12月25日
セント・ステファンズ・デー12月26日12月26日
これは国の祝祭日です。これとは別に州や地方毎の祝祭日があります。

■ アイルランドの主な学校
ダブリンエメラルドカルチュラルインスティテュート、ランゲージセンターオブアイルランド、アカデミーオブイングリッシュスタディーズ、ホーナースクールオブイングリッシュ、インターナショナルハウス、ユニバーシティカレッジダブリンほか
ゴールウェイゴールウェイカルチュラルインスティテュート、ゴールウェイランゲージセンターほか
コークコークランゲージズインターナショナル、UCCランゲージセンターほか
リマリックリマリック大学ランゲージセンター


■ アイルランド行きの航空運賃
 日本〜アイルランド間で運行している主な航空会社へのリンクです。参考にしてください。
日本航空http://www.jal.co.jp/0120-25-5931フリーダイヤル
全日本空輸http://www.ana.co.jp/asw/index.jsp?type=i0120-029-333フリーダイヤル
ブリティッシュ航空http://www.british-airways.co.jp/0120-12-2881フリーダイヤル
バージンアトランティックhttp://www.virginatlantic.co.jp/03-3499-8811受付電話
 
HOMEお問合せ・お申込みページ・トップ
Copyright (C) 2006 Cap Studies, Inc. All Rights Reserved.