TEL: 03-3499-7711
FAX: 03-3499-2299
E-mail: study@capstudies.co.jp

営業時間 月~金曜日 10:00-19:00
     土曜日   10:00-18:00

       説明会予定はこちら
 HOME > ニュース

2021.7.2 カナダのコロナウィルス最新状況

カナダへの中学・高校留学は問題なくご出発いただけます。最新州別データはここをクリックしてください。(PDF)
  • カナダの中学・高校では9月からは通常通り授業が行われます
  • カナダへ留学するための通常のビザ申請は全員許可を得ています
  • カナダへ留学するためにはコロナの影響で多少余分な手続きが必要になります
  • カナダでは留学生でも希望者にワクチン接種をしてくれています

2021.2.28 新たな渡航制限

変異種の拡散防止のため、2月末に新たな渡航制限として空路での入国は次の4空港が指定されました。また、出発前のPCR検査陰性結果提出の条件に加え、到着時のPCR検査と3日間の政府指定ホテルでの自己負担での滞在、および2週間の自主隔離期間中のPCR検査などが新たに加わりました。当初未成年者が対象になるか不明でしたが、現在は未成年・成人を問わず、18歳以上の方は全員が対象になります。
空路入国できる空港はバンクーバー国際空港、カルガリー国際空港、トロント国際空港、モントリオール国際空港。

2021.2.5 ブリティッシュコロンビア州の中学、高校でマスク着用義務化

ブリティッシュコロンビア州教育省と保健省は共同で現地時間2月4日に声明を発表し、中学校と高校内でのマスク着用が義務付けられることが報道各社に知らされました。昨年11月の「室内でのマスク着用義務化」に続くもので、減少傾向にある新規感染者数(PCR検査陽性者数)をさらにおさえこむための対応のようです。例外は教室内で着席中、飲食時、生徒間に遮断版が設けられている場合のみとなります。コーラスなどの音楽クラス、楽器演奏時なども例外とならず、ソーシャルディスタンスを保ちながらマスク着用を求められます。体育系クラスはできるだけ外での実施となり、共用機具なども使用後は除菌処理が求められます。レスリングや社交ダンスなど距離を保てない活動は避けるよう案内されています。
保健省の説明では、小学校では適切な着用ができない生徒がいると思われることや、コロナウィルス重症者がこの年齢で出ていないことから、マスク着用は任意としたとのこと。

カナダ高校留学取り消しの場合の返金に関して

国境封鎖および就学許可(ビザ)が遅い関連で出発できない方が少なからずいらっしゃいます。これらの方々にどのような選択肢があるかは学校区により異なりますので、各学校区の案内を参照してください。学校区により次のような選択肢が用意されています。あくまでも新たに留学開始予定の方を対象とした案内で、継続の方は対象外です。
  • 少し遅れて出発し2学期から開始(4学期制で実施の場合は2つ目の学期も可)
  • 来年9月に開始を延期
  • カナダ留学取りやめ
留学取りやめの場合の費用の扱いですが、これも学校区により異なるものの、多くの学校区では出願料(200~600ドル)を除く費用の返金に応じています。取消の申し出日によっては全額返金とならないでしょうから、学校区案内の確認が重要になります。 実際の返金は費用をエージェント経由で支払われた方はエージェントへ、直接家族が支払われた場合はご家族に返金されることになります。返金はあくまでも支払った方にのみ実行されます。繰り返しになりますが、取消の申し出日により返金額は変わります。通常の返金規定(例)は次のようになっています。
  • 学校区の指定日以内 …… 全額返金(出願料を除く)
  • 留学開始日から30日以内の取消 …… 50%の返金
  • 留学開始30日を超えての取消 …… 返金なし

カナダ政府が国境封鎖継続決定

7月末に8月31日までの国境封鎖延長が決まりましたが、カナダ政府は今回9月30日までの延長を決定しました。9月30日を待たずに解除される可能性が全くないわけではありませんが、可能性は高くありません。10月以降も同様です。少しでも早く解除してもらいたいです。

新入生受入れしない方針に決定、ノバスコシア州

ノバスコシア州は2020年度9月に新入生受入れないことを決めました。2020年3月18日以前にビザを取れている方も対象です。留学継続中の方も一時帰国された場合は戻れないことになりました。当面2020年9月~2021年1月までの学期に関する処置で、2021年2月以降の学期に関しては12月に公表予定とのことです。 ノバスコシア教育省(Nova Scotia Department of Education and Early Childhood Development (DoEECD))の決定は同州保健省の勧告によると発表しています。

BCフェリー利用時のマスク着用義務化

2020年8月24日月曜日からBCフェリー利用時に搭乗者のマスク着用が義務化されることになりました。フェリー乗車時だけでなくターミナルにおいても着用が求められる他、自家用車でのフェリー利用時も着用を求められます。例外は自家用車内およびソーシャルディスタンスを守れる状態での飲食時となっています。

BC州の学校が一部でクオーター制採用の動き

年間まんべんなく8教科学習するリニア制と前期に4教科を1年分、後期に別の4教科を1年分学習するセメスター制がカナダでの代表的な学期制度です。今回のコロナウィルス対策のひとつの方法として、クオーター制(4学期制)を今年に限り採用する学校が出てきました。生徒と教職員の安全確保のために有効な手段になりそうです。4学期制では1年間を10週間ずつの4学期に分け、1学期に2教科のみ1年分を学習します。限られた時間の中で多くの課題に取り組むことになりますが、ひとつの現実的な対応といえます。 中にはオクテット(8学期)制の学校が出るかもしれません。年間を8学期に分け、1学期1教科のみ学ぶ方法です。コロナウィルスの状況により、年度途中から本来の学期制度に代わる可能性もありますので、留学生のみなさんにも柔軟性が求められます。

ブリティッシュコロンビア州の学校再開時に、生徒とスタッフのマスク着用義務化

ブリティッシュコロンビア州教育省長官は8月17日にコロナウィルス拡散防止のため、生徒と職員にマスク着用を求めました。対象になる学校は中学校と高校で、人の行き来が多い場所での着用を求めるものです。人の行き来が多い場所の例としては公共交通機関利用時、学校の廊下、ラーニンググループ以外の場所やソーシャルディスタンスを確保できない場所があげられています。例外は健康上・医療上の理由でマスクを着用できない人に限られるとのことです。アルバータ州とオンタリオ州では4年生以上の生徒全員のマスク利用が義務付けられています。

カナダ全土での安全に学校をスタートさせる計画

コロナウィルスが継続する中、カナダ各地で生徒が学校に戻るための計画を各州が立てています。 詳しくはこちらをご参照ください。(PDF)

新学年開始日が9月8日から9月10日に変更、ブリティッシュコロンビア州

ブリティッシュコロンビア州教育省長官は教職員、生徒、家族は各学校で導入予定の、新たな「健康と安全の手順」になれるために時間が必要だとコメント。従来とは異なる学習環境になれるため、新たなラーニンググループや健康と安全の手順に慣れ、教室、コモンエリア、グランドなどの安全な行き来を確認するとしています。詳細は8月26日に学校区ごとに発表予定です。

カナダでのビザ更新申請。一時的処置としてバイオメトリック不要に IRCC

2020年からカナダ国内でのスタディーパーミット更新申請で、バイオメトリックの手続きが求められることになりました。コロナウィルスの対策として一時的な対応として、カナダ国内で更新申請の場合、バイオメトリック手続が不要になりました。システム対策までできていないようで、バイオメトリック費用支払いや、その手続きを求める手紙が用意されますが、現在は費用支払いと手続きのどちらも不要となっています。

BC公共交通機関でマスク着用義務化

当面の間、ブリティッシュコロンビア州内の市バス、スカイトレイン利用時にマスク着用が求められることになりました。

ブリティッシュコロンビア州政府が9月から学校をほぼ通常通りに始めると発表

「ほぼ」のひとことが入りますが、生徒には健康・安全面のガイドラインを守ってもらうことで、通常に近い形で授業を実施することになります。ソーシャルディスタンスを保つために1クラスの人数制限、それに伴うタイムテーブルの工夫などもあり得ると思われます。学校区ごとに詳細は異なると思われますので、事前にご案内できるかどうかは不明です。

 ステージ1通常通り教室で授業を実施
ステージ2健康・安全面での配慮をしながら教室で授業を実施
 ステージ3教室での授業と遠隔学習の組み合わせ
 ステージ4ほとんどの授業を遠隔で実施
 ステージ5授業はすべて遠隔で実施
   

今回の発表の詳細はこちら↓
https://news.gov.bc.ca/releases/2020EDUC0040-001415

カナダのコロナウィルス最新情報

感染者および感染が疑われる人の合計は約11万5千人、PCR検査実施件数38万6千、死亡者数約9千、回復者数約10万人。詳細はこちらをご参照ください。(PDF)

9月にカナダ高校留学に出発予定の方は準備を進めています

現在カナダの国境封鎖は続いていますが、3月18日以前に就学許可を得られている方は例外処置としてカナダへ渡航できます。該当すると思われる方は、従来求められなかった書類や手続きが必要ですので、確認のうえ準備してください。CAPでお申し込みの方でこれに該当する方は準備を進めています。国境封鎖も解除される可能性がありますので、3月18日以前に就学許可を得られていない方も、ご家族の反対が無い限り通常通り準備を進めています。

文部科学省の留学に関する案内

文部科学省は7月21日にレベル3の国への渡航中止勧告を発表しました。レベル2の国であっても留学の是非またはその延期についてあらためて検討するよう促しています。詳細は下のリンクをご参照ください。

https://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/ryugaku/1405561_00004.htm

4月に出発予定だったみなさまが多少遅れ、7月初旬に出発しました

中学ご卒業後すぐに出発予定だったみなさまが、予定よりも少し遅れ7月初旬に出発しました。一度は航空会社に搭乗拒否されるなどのハプニングがありましたが、無事に飛び立ち、2週間の自主隔離期間も終え学校に通い始めています。

2020年 説明会やご相談に関して

定期的にカナダ中学・高校留学説明会を実施してまいりましたが、3密を避けるため、当面の間説明会は実施しないことといたしました。代わりに東京都感染拡大防止ガイドラインに従い、ご希望に合わせて次のいずれかの方法でご相談を承ります。
  • ● スカイプやラインなどのコミュニケーションアプリを利用した面談
  • ● 電話やeメールを利用したご相談
  • ● 来社での個別面談
来社いただく場合はマスク着用をお願いします。また、当日の発熱や体調不良は日時変更などに対応させていただきます。

「休憩室」 を作りました。
 クイズに挑戦してみてください。